現在の位置:最初のページ > シーリングライト > シーリングライト ROY ゴールド to-198544 本文

んばかりの呆れ顔で魔術師を喝破した。「ぁ――ぅ――」こんなにも真っ向から、身も蓋もなく暴力に屈服させられるなど、いまだウェイバーには経験のないことだった。張られた頬の痛みより、むしろ殴られたという事実の方が、より深刻にウェイバーのプライドを打ちのめした。顔面蒼白になり巷がら唇を震わすウェイバーの怒りようを、だがライダーはまったく勘酌しない。「そうまでして他人に畏敬されたいというのなら、そうだな……うむ坊主、貴様はまず聖杯の力で、あと三〇

シーリングライト ROY ゴールド to-198544, シーリングライト

センチほど背丈を伸ばしてもらえ。そのぐらい目線が高くなれば、まぁ大方の奴は見下してやれるだろうよ」「この……この……ツ」これ以上はないというほどの屈辱だった。ウェイバーは逆上すらも通り越し、貧血めいた眩暈に囚われながら、全身を身震いさせていた。許せない。どうあっても許せない。サーヴァントの分際で、ただの従僕に過ぎぬ身の上で、この大男は完膚無きほど徹底的にウェイバーの自尊心を否定した。こんな侮辱は、たとえ神であろうとも許さない。このウェイ

バーベルベットの威信にかけてウェイバーは爪が掌を扶るほど握りしめた右手に――その甲を飾る三つの刻印に力を込めた。〝令呪に告げる――聖杯の規律に従い――この者、我がサーヴァントに――ライダーに……何を、どうする?忘れたわけではない。何のために時計塔を見限り、こんな極東の片田舎にまでやってきたのか。すべては聖杯を勝ち取るために。そのためにサーヴァントを呼んだ。この英霊との関係の危機が許されるのは二度までだ。三度から後は――令呪の喪失。すなわ

ちマスターとしての決定的敗北を意味する。そんな重大な局面の、最初の一度が、まさか今だとでもいうのか?まだ召喚から一時間と経っていないのに?ウェイバーは傭いたまま深く深呼吸を繰り返し、持ち前の理性と打算で、胸の内の癇癪をどうにかして抑え込んだ。焦ってはならない。たしかにライダーの態度は許し難いが、まだこのサーヴァントはウェイバーに刃向かったわけでも、命令を無視したわけでもない。この猛獣を打ち据えるための鞭を、ウェイバーはただ三度しか振る

シーリングライト ROY ゴールド to-198544, シーリングライト

うことができないのだ。ただ吼えられたぐらいで使ってしまえるほど、それは軽々しいものではない。充分に平静を取り戻してから、ウェイバーはようやく顔を上げた。ライダーは相変わらず地べたに座ったまま、マスターを罵倒したことも、いやマスターの存在すらも忘れたかのように、背を向けて地図帳に読み入っている。その桁外れに広い背中に向けて、ウェイバーは感情を殺した声で語りかけた。「聖杯さえ手にはいるなら、それでワタシは文句はない。そのあとでオマエが何をし

シーリングライト ROY ゴールド to-198544

ソース:そうげいバス   作者:   時間:2021-12-01 06:11:27 ようと知らん。マケドニアなり南極なり、好きなところまで飛んでいくがいい」ふーん。と、ライダーは気のない生返事――なのかどうかも判らない大きな鼻息――を吹いただけだった。「……ともかくだ。オマエ、ちゃんと優先順位は判ってるんだな?真面目に聖杯戦争やるんだな?」「ああもう、判っておるわい。そんなことは」ライダーは地図帳から顔を上げ、肩越しにウェイバーを一瞥しながら、さも鬱陶しそうにぼやく。「まず手始めに六人ばかり英霊をぶちのめすところから

シーリングライト ROY ゴールド to-198544, シーリングライト

、であろう?しち面倒な話だが、たしかに聖杯がなければ何事も始まらん。安心せい。くだんの宝はちゃんと余が手に入れてやる」「……」余裕綽々の発言に、だがウェイバーはいまひとつ納得しきれない。たしかにこの英霊、見かけ倒しではない。ウェイバーがマスターとして得たサーヴァント感応力で把握できる限りでも、図抜けた能力値の持ち主だ。だが、なにもサーヴァント同士の闘争が腕相撲で競われるわけではない。いくら屈強な肉体を備えていたからといって、それで勝ち

シーリングライト ROY ゴールド to-198544, シーリングライト

残れるほど聖杯戦争は甘くはないのだ。「ずいぶん自信があるようだが、オマエ、何か勝算はあるのか?」ウェイバーは敢えて挑発的に、精一杯の空威張りでライダーを睨めつけた。自分はマスターなのだから、サーヴァントに対して高圧的な態度を取るのは当然であろう、という主張も込めて。「つまり貴様は、余の力が見たい、と?」するとライダーは、これまでとはうって変わって静かな、どことなく不安にさせられる抑揚のない口調で、ウェイバーの視線を受け止めた。「そ、そう
だよ。当然だろ?オマエを信用していいのかどうか、証明してもらわないとな」「フン――」鼻で笑って、巨漢のサーヴァントは腰の剣を鞘から抜き払った。豪壮な栫えの宝剣ではあったが、それ自体からは宝具と思えるほどの魔力は感じられない。だが剣を手にしたライダーの剣呑な雰囲気に、やおらウェイバーは不安になった。まさか、生意気な口を利いたからって斬られるんじゃあ……?震え上がるマスターを一顧だにせず、ライダーは抜き身の剣を頭上に掲げ、「征服王イスカン

シーリングライト ROY ゴールド to-198544

シーリングライト ROY ゴールド to-198544, シーリングライト

シーリングライト ROY
■サイズ
約 幅61×奥行16×高さ21.5(cm)
(カサ:約 直径10×高さ8(cm))
■重量
1.6kg
●リビングなどに最適のシーリングライトです。
●65cmのポールチェーンスイッチ付きです。
●色はホワイト、クロム(銀白色)。ゴールドの3色をご用意しました。
シーリングライト ROY
ホワイトクロムゴールド

シーリングライト ROY ゴールド to-198544

シーリングライト ROY ゴールド to-198544, シーリングライト

ラベル:

シーリングライト ROY ゴールド to-198544

み入れたばかりの新たな来訪者の存在に、背後から呼びかける懐かしくも愛おしい声の主に、雁夜はついに致命的なその瞬間まで気付くことがなかった。──|茫然《ぼうぜん》自失の|態《てい》で振り向いた雁夜は、なぜそこに遠坂葵が立ち尽くしているのか、事の次第がまったく呑み込めなかった。もしまともに思慮が働く状態であったなら、誰かに呼ばれたのでなければ葵がこんな場所を訪れるはずもないという道理に思い至っただろうし、予め礼拝堂に時臣の死体を配置すること

シーリングライト ROY ゴールド to-198544, シーリングライト

責任編集:

シーリングライト ROY ゴールド to-198544, シーリングライト

ホットスポット